AWS re:Invent 2020の現状おさらい、AWS2021 主要Updates 第五夜 参加してみた

f:id:akagoma:20211206222950p:plain

はじめに

AWSのre:Invent 2021を前にして、AWS Noobなので勉強してみようと思い「AWS re:Invent 2020の現状おさらい、AWS2021 主要Updates 第五夜」に参加してみた。

awsbasics.connpass.com

個人的まとめ

AWS App Runner

最も簡単にコンテナを起動できるようになっているサービス。

CodeBuild - Auto Scaling - ELB - ECS - Fargateが必要だったが、1つにまとまって設定できるようになっているもの。明示的に内部で何が使われているかは不明。

AWS Application Migration Service

CloudEndureがAWSに統合された。(一部)

AWS Application Cost Profiler

マルチテナント環境のコストアロケーションを実現。

どのテナントがどのくらい環境のリソースを使っているのかがリアルタイムで分かる。

請求レポートをテナント単位で分割することもできる。(タグベース)

AWS EC2 Auto Scaling 予測スケーリング

ターゲット追跡によるプロビジョニング(スケーリングが遅れてしまう)に、予測スケーリングを追加する。外してしまうことがあるかもしれないが、ユーザーは遅延を感じることはない。

Amazon Cloud Watch Application Insights

複数のInsightsが統合された。

感想

CloudFormationの調査にかまけて、投稿するのを忘れていた。

これで全5日分の個人的まとめができた。次からは実際にこれらのサービスに触れていきたいと思う。

また、今回参加した「AWS エバンジェリストシリーズ」では結構な頻度でハンズオンをしているので参加して、実際の使い方を勉強していこうと思った。

Copyright (C) 2021 akagoma. All Rights Reserved.